ネイリストさと子

どんな仕事でも人と関わることを避けては通れません。接客業は特にです。対企業なのか・対お客様なのか、それだけでも接客の難易度は変わってきます。それはネイリストも同じです。

実際ネイルサロンで働くことを考えている方の中には、「ネイルサロンにはどんなお客様が来るのか?」「どんな目的で利用するのか?」について疑問をお持ちの方はいると思います。そこで今回は「どんなお客様が来るのか?」について4点の特徴をご説明していきたいと思います。

1~ネイルに興味のあるお客様~

スーパーに来ている客は食材や日用品を買いに来ている人ですが、何かを買いたくてきているか、買わなければならない何かがあるから来ているかのどちらかのお客様です。
ヘアサロンへ来ている客は、白髪が生えてきているから仕方がなく染めに来たという方や、伸びきっていて不潔だから切りに来たという方もいるかもしれません。

しかし、ネイルサロンに来る方は基本的に“ネイルがしたくて来ている”方です。しかたがなくというお客様は99%いないでしょう。なぜならネイルは“娯楽”だからです。
ですからお客様のほとんどが“ネイルが好き”や“ネイルに興味がある”から来てくださっているお客様です。これはとても接客がしやすいということでもあり、気を抜いてはいけないということでもあります。

接客がしやすい理由、それは“共通の好きなこと”がひとつ確立されているところです。お客様にとって、好きなことについて語れたり教えてもらえたりすることは間違いなくマイナスにはなりません。どんなデザインが好きか・ネイル歴はどのくらいなのかなどで、性格が分かったりもするので、話の入り口にはもってこいなのです。

ネイルトークをするだけで後の接客の方向性は見えてきますし、デザインの提案もしやすくなります。まずは共通の話題を武器にお客様と距離を縮めましょう。

2~年齢層は意外と幅広い~

お年寄りの指先地域性もあったりするのでお店によって変わるでしょうが、私が勤めていたお店は高校生から90歳のおばあ様まで幅広い層のお客様がいらしてくださっていました。
今は高校生でもネイルをする時代なのですね、驚きです。10代半ばの女の子と話す機会などそうありませんから、とても貴重な体験のできる職業だなあとその都度感心していました。

逆にお年を召されたお客様が多くご来店されるのにもびっくりしました。80代・90代になっても美に貪欲な女性はとてもイキイキとしているもので、お喋り好きですしなによりも人が好きです。孫みたいに可愛がってくれる方が多く、なんだかとてもほっこりとした気持ちなります。

この幅広い年齢層、もちろん話の内容や接客の仕方などにもそれぞれ違いがありますが、いちばん違うのは“爪の状態”です。若い方は爪が柔らかく不安定ですし、ご年配の方は爪が脆く不安定です。この違いは施術に大きく影響がでます。ネイリストは施術を含めて接客ですので、お客様によって施術を変えることも必要となってきます。

3~お子様連れの主婦が来る~

お母さんを待つ子供お問い合わせで意外と多いのが「子供を連れてってもいいですか?」というものです。
子連れ禁止となっているサロンも中にはありますが、NGともOKとも書いてないサロンには子連れ主婦が結構来ます。来店前に一報入れといて下さるお客様はありがたいのですが、事前連絡もなく2人のお子様を連れて来られた時は正直焦りました。

私は子供が大好きなので子連れは万々歳でしたし、手が空いていれば一緒に遊んでいました。しかし、お子様が座る場所の確保などもしなければいけませんし、なによりネイル用具は体に悪いものもあります。ダストを吸い込んで肺炎など起こしてしまっては大変です。

またお客様の手を拘束してしまっているので、お子様のお世話をしながら施術することにもなり結構重労働です。トイレについて行ったこともありました(笑) ネイルは施術時間が長いのでお子様にも色々なことが起こりますし目の届くところにいて欲しいと思う親心は分かります。

ですが、託児所ではなくネイルサロンです。管轄外ですよね。こういった類が苦手な方は子連れNGのサロンを選びましょうね!

4~男性も来る~

ネイルサロンのお客様は女性だけだと思っていませんか?
いいえ、男性もネイルサロンに来るんです!すごい時代ですね!ケアだけという方もいらっしゃいますが、中にはジェルをしていかれるお客様もいらっしゃいます。男性の手は女性とは全くの別物なので、初めて施術をする時は不安でしたし、何を話そうかと萎縮しました。

ただ先述した通り、“ネイルが好き”ということには変わりないお客様です。男性であろうと同志です。おしゃれに気を使っているお客様、仕事の都合でネイルをしてハマったお客様、それぞれの背景がありとてもおもしろく、理由は女性となにも変わらないんだなあと思いました。
こちらも女性のみ来店可のサロンは多くあるので、苦手な方はそういったサロンを選びましょう!

ネイルサロンを利用する客についてまとめ

こちらはほんの一部の例ですし、他の仕事と変わらず様々なお客様がご来店されます。同じ接客はありません。個々に合った接客を心がけることがネイリストには求められます。大変だとは思いますが、色々なお客様と出会えるのは楽しいですし、経験を積んでいくうちにつかめるようになります。

ネイリストは究極の接客業です。
施術大事ですが、接客も磨き素敵なネイリストさんになってくださいね。