ネイリストさと子

ネイリストになりたいけど、資格を取ったところで働く場所はあるのか、働いたとしてどのくらいお給料が貰えるのか、というのはネイリストを目指すにあたって知っておきたいポイントですよね。 今回はネイリストのお給料についてのお話をさせていただきたいと思います。

まず1番最初に申し上げたいのが、“資格がなくてもネイリストになれる”ということです。専門学校やスクールに通って資格を取ってからでないとネイリスト になれない、というのは違います。

資格がなくても、ついでにネイルの学校を卒業していなくてもネイリストにはなれますし、働かせてくれるサロンもあります。
募集要項 の“○級以上持っている者”とある横に、 “またはそれと同等の技術をお持ちの者” と書いてある求人は大体、資格主義ではないお店です。

独学で勉強していてもしっかり技術のある人は 十分に受かる可能性があります。
しかし、やはり未経験者・資格未取得者はお給料に差が出てくる場合があります。学びながらお金が貰えるなら本望!と考える方にはもってこいですが、しっかり稼ぎたいと思っている方にはオススメできません。

もちろん中には有資格者と変わらないお給料で働かせてくれるサロンもありますので、募集要項をよく読んでから応募しましょうね。

では具体的にお給料はどのくらい貰えるのかというと、経験値別に異なる場合が多いので順に説明させていただきます。全て週休2日を目安に計算したおおよその金額を表記しております。

最初に未経験者(資格の有無は関係なく)のベーシックな 2 パターンを挙げていきます。

1~スクールに付属したサロンで働く場合~

お給料はかなり低めです。10万円貰えたらいい方ではないでしょうか。理由は、スチューデントサロンなので “お客様単価を通常料金の半額”など安価で提供するところが多いからです。お客様からいただく金額が少ないということは、必然的にお給料は安くなります。

金額的には満足出来ないかもしれませんが、ネイリストとしての第1歩としてはとても良い環境だと思います。
お客様もスチューデントサロンだということを分かって来て下さっているので、クレームやお直し(出来に納得できず、無料でやり直すこと)は極端に少なくなりますし、仕上がりを講師が確認してくれるので安心です。十分に自信を付けてからステップアップできるので、お給料は安めですが安心して働くことができます。

2~未経験者歓迎のサロンで働く場合~

お給料は10万円から15万円くらいです。
やはり未経験者ですので出来ることが限られて来ますし、すぐにお客様の施術を行ってなにか不祥事を起こしてしまったらお店の信用問題に関わります。ですからまずは雑用から任されるということが多いので、お給料はあまり高くありません。
お客様に施術が出来るようになると少しずつお給料が上がるようになります。(下で詳しく説明します)

次に、経験を積んだネイリストの場合です。
この場合は、どこかのネイルサロンなどに雇われで働く場合と、独立して個別で働く場合があります。

1~雇われで働くネイリストの場合~

爪のお手入れグッズこちらも能力によって分かれますが、 普通のスタッフであれば15万円から20万円くらいで、店長などの役職を任されるようになると20万円から25万円くらいです。
少し低いと思われる方もいるでしょうが、上に記したように、お給料が上がる仕組みがネイリストには存在します。

それは基本給とは別に“歩合”という制度があるからです。
主に指名料バ ック・ネイル⽤品の売上バックの2つです。 指名料バックとは、お客様が施術してほしいネイリスト指名した時に発生するものです。指名料は数百円のところが多いですが、その全額または何割かがネイリストのお給料となる仕組みです。

例えば、指名料500円のお店で10名の指名客を施術したとします。そうすると基本給+5000円がお給料となるわけです。自分の顧客を増やせばお給料がどんどん上がります。お給料も上がるし自信もつくので、指名料バックがしっかりとあるサロンを選んだほうが良いと思います。

ネイル商品の売上バックとは、お店によってないところもあるのですが、指名客ではなくとも自分が対応した時にネイル商品を買って貰えた場合に発生するものです。キューティクルオイルやハンドクリームなどの商品をオススメすると買っていってくださるお客様はわりと多いです。

顧客を掴むのは難しそう…という方はまずこちらからがんばってみてもいいかもしれませんね。ちなみに、サロンによっては資格を取るたびに時給がアップするところもあります。私の働いていたサロンは級が上がるごとに時給50円アップでした。
歩合給に関してはお店ごとに全く異なる場合が多いので、先輩スタッフにしっかりと確認をとりましょう。

2~個別で活動しているネイリストの場合~

価格を下げる顧客をたくさん持っている 場合は、こういった働き方をするほうがはっきり言って稼げます。私の友達は独立して月30万ほど稼いでいます。
安定したお給料を得るのに大事なのが、値段の設定です。

集客を望むあまりに、 “オフ込みで⼀一律2000円!”などとやってしまうと、 響きはとてもいいのでお客様は集まるかと思いますが、自分の負担がかなり大きくなるのでとても大変です。オフ+施術で⼤体1時間半かかるとして、2000円では利益が全く出ません。凝ったデザインを頼まれたらむしろマイナスです。

また高額すぎるのも逆効果です。だから多すぎず少なすぎず、バランスよく適正価格を生み出すことが大切です。例えば、6月は梅雨で外出が億劫 になる方が多いように思うので、“梅雨の時期限定500円引き!”や“雨の日限定1 名追加サービス!”など、時期にあったキャンペーンを考えてお得感を出したりするといいでしょう。

ネイリストのお給料、募集事情まとめ

あくまで平均的な金額を述べましたので、店舗や技術によって個々に誤差は生じるかと思います。ですが、“一応の目安”にしていただけたら嬉しいです。

ネイリストというお仕事は、就職難易度が比較的易しい職業だと思います。常にたくさんの募集を出していますし、スタッフ不在なサロンが多いです。資格を持っていなくても出来る仕事ではあります。
しかし資格を持っていると即戦力になるので、人材募集をしているサロンでは優遇されるかと思います。

好きなことをお仕事に出来るのは素敵なことです。自分に合った働き方を身につけ、気持ちよく働けたらいいですね。