ネイリストさと子

ここではネイリストになる為に基本的なネイリスト技能検定試験についての解説と、勉強するにあたり、誰もが経験する壁や失敗談などを経験をもとに説明し、それに対するノウハウを書いていこうと思います。

まずはネイリスト技能検定試験について説明します。ネイリスト技能検定試験というのは3級、2級、1級の3つがあります。
各それぞれ級により求められる技術、知識が異なり、同一日に実技試験と筆記試験の両方行い、両方合格してはじめて取得することが出来るというかたちになっています。

  • 3級はネイルの基礎知識、ネイルケア、カラーリング力を見る試験です。
  • 2級は3級の基礎知識に加えて、チップラップ(補強)技術を見る試験です。
  • 1級はプロフィッショナルな技術で、スカルプチュアネイル、チップオーバーレイ(チップを使ったイクステンション)技術を見て、筆記試験もネイルの基礎知識の他に指の構造、骨、神経などその他の知識も理解しなければいけない試験です。

このように3級、2級の試験より1級試験はかなり難しく勉強も更に気を引き締めて取り組まなければいけません。合格率もとても低く難易度が高いものなので、合格するのは大変な事です。

このネイリスト技能検定試験に合格するために勉強していくなかで、思うように行かなくなりどうすればいいか分からなくなる事や、失敗する事もあるかと思います。
そのお話をしていきたいと思います。

1~実技勉強での壁、失敗談~

ネイルのお手入れ中まず実技試験での直面する壁や失敗談を紹介します。
3級と2級は技術が似ています。
唯一違うのは2級にはチップラップ(補強技術)が増える事です。

3級は独自の勉強で受かる確率も非常に高く、割りかし簡単な試験です。大体の方は独自勉強でも受かります。

2級の場合は3級と同様な技術を行いますが、3級の場合とは違い、サロンワーク(ネイルサロン技術)が出来る、通用する技術というのを目的としている試験というのもありますので、試験官の目も3級の時より厳しくなっています。

チップラップも独自勉強でも出来なくはない事ですが、3級よりも少し力を入れて勉強する事をおすすめします。

私が見た受験者の中には、

  • 独自勉強で3級を余裕で合格したと喜んでいた方が2級も余裕だと勉強を怠っていて、ネイリスト検定2級は落ちてしまった(チップラップの練習をまともにしなかった)。
  • 3級の試験では流血(試験中のモデルの爪に損傷させた)はなかったが、2級の試験中に時間が間に合わずに焦ってしまい流血させてしまった事で落ちてしまった(試験勉強での時間配分がきちんと確認されていなかった)。

という方がいましたし、実際よくあり得る事です。
試験中は何があるかわからないので、時間配分など十分な実技勉強をきちんとして臨む事が失敗をせずに合格できる秘訣です。

そして、問題は1級です。

実は私も、ネイリスト検定1級は2回落ちて3回目で受かったという経験があります。

3級、2級の勉強とは違い、(当時の私も甘く見ていた部分はありました)勉強量もとても多く、たくさんの時間を試験勉強に費やしました。

またネイリスト検定は無料ではなく、級によって各費用が発生します。1級の場合は10,000円程かかるので3回受けると30,000円・・・。

とても安いとは言えない金額なので出来れば1回で受かれば最高ですが、1級試験はとても難しかったです。

1級の技術面はサロンワークでも通用、活用出来る技術なので自信はあったのですが、やはりサロンワークだけというのは基本的なスカルプチュアネイル技術ではなかったという事でしょう。

理想的な形、合格をするにはその形をマスターし、何回も繰り返し確かめて練習するというのが1級ではとても必要な事です。

乗り越えなければいけないこの壁をどうにかしなければと毎回毎回考え、自分なりに追求した結果、1級での合格への道は

  • 技術を繰り返し行う
  • 理想的な形と毎回照らし合わせ確認する
  • 諦めない

という事でした。

ネイリスト技能検定試験はその日までが勝負です。
その当日まで日々繰り返し技術を学ぶことで、

  • 手に覚えさせる
  • 感覚を体で覚える

事が非常に大切です。

2~筆記試験での壁、失敗談~

鉛筆を持つ手次に、筆記試験で直面する壁や失敗談を説明します。3級、2級、1級での筆記試験は、時間も問題数も異なります。

きちんと勉強して臨めば、設けられている筆記試験の時間よりも早く終わる事がほとんどです。

出題される問題はどこが出るかわからないというのが勉強をしている際に悩ましい事ですが、しっかり教科書を熟読し頭にたたきつけて、きちんと過去問題を解いていれば合格する事ができます。

過去問題はスクールに通っている方なんかは先生から貰えることも多いでしょう。
スクールに行ってない方はJNAの会員になっていれば過去問題を手に入れる事ができます。

ネイリスト検定の場合、筆記試験だけ合格していれば次回のネイリスト検定の際に筆記免除というのが適応されます。もし「実技は全然だめだった!」という場合でも、筆記だけ受かれば次の試験では実技を受けるだけでいいので、実技に自信がなくても筆記だけは必ず合格する気持ちできちんと勉強して臨みましょう。

勉強するといっても、私も壁に直面することはいくつかありました。

  • どこからどこまで勉強すればいいんだろう
  • 何回勉強しても覚えられない、頭に入らない
  • どう勉強していいかわからない

など、勉強しているけど頭に入らない事が結構ありました。

でも、その壁に直面した時に、まずは暇さえあれば教科書を使っていました。こつは、最初から読もう!とすると疲れてしまうので、読むというよりは目を通す(見る)から始めることです。
そこから重要な事が分かってくるので、その重要な所にマーカーを引く。

そのマーカーを引いたところをノートに書く。書くことで私は覚えられて頭に入りました。

筆記試験でのよくあるある失敗談としては、

  • 一生懸命勉強したのに、試験に当日に筆記用具を忘れてしまい減点されてしまった。
  • 隣の人や周りの人が気になって問題を解いている際に焦ってしまい問題を間違えてしまった。

という方も多く耳にします。

まずは慌てずに、ゆっくり問題を読み、解く。

試験会場には時計がありません。ですから自分でタイムタイマーなどを持って行って、筆記試験の際にセットして机に置いておくと安心できると思います。

ネイリスト技能検定試験まとめ

ネイリスト技能検定試験勉強での体験をもとに直面した壁、失敗談をお伝えしましたがいかがでしょうか?

勉強していれば誰もが壁に直面したり、失敗したりする事はあり得る事です。

私の体験談をもとに少しでも悩みが解決し、ネイリスト技能検定試験に臨めるようになったら嬉しいです。試験は大変ですが、合格目指してがんばってくださいね。