ネイリストさと子

ネイリストを目指し勉強している方も今から始める方もいらっしゃると思います。
またサロンワークに勤めながら勉強する方も、サロンワークの中で学べることは多いので大変良いことだと思います。
ここではそんなネイリストになる為に勉強している方の為に「ネイルサロンに勤めるにはどうすればいいの?」「いいサロンを見つける方法は?」「どうやって探せばいいの?」など“ネイリストの働き場所はどうやって見つけるか?”について疑問を解決していこうと思います。

1~インターネット上の求人サイト~

パソコンと履歴書インターネットサイトに「ネイリスト求人」などと検索すると、募集しているネイルサロンが多く出てきます。
そこを見て自分でピックアップしてもいいと思います。

直接見てみないと分からないので、調べた後にどんな所なのか見に行ったり、直接お客様として行ってみて雰囲気を感じてみたりすることが大事です。
 
 
 
そして

  • スタッフ同士のコミュニケーションはどうか
  • 店内の雰囲気はどうか
  • スタッフの雰囲気はどうか
  • 接客の感じはどうなのか
  • 清潔感はあるのか

など、自分が働きやすそうなところなのか、理想的なところなのか実際に確認するのが非常に大切だと思います。

実体験で、求人サイトを見ていいなと思い、電話して面接のやりとりをして面接に行ったら

  • スタッフ同士の仲が悪そう
  • 雰囲気が違った
  • 写真となんか違う

という意見を耳にする事もあります。
ですから、自分でしっかり「このお店で自分は働けるか」を見極めるのが大事ですよ。

2~ネイリストサイト~

今ではネイルパートナーやネイリストの問屋でも求人情報が出ているところがたくさんあります。
その中でも“求人しているネイルサロン”と“ネイルサロンを探しているネイリスト”が登録してネイルサロン側から“スカウト”を受けて面接までできるというサイトがあります。

登録したネイリストは自分の経歴、ネイリスト歴、学校などのお店側が求めている情報を入力します。
それを見たネイルサロン側が、自分の求人に合うネイリストをスカウトしてメッセージを送ります。こうしてホームページ上でやりとりをし、面接の日まで決めて行うというものです。

私もこのサイトを利用し、新たなネイルサロンに就職したネイリストの1人です。
就職の確率は高く、ネイルサロン側から声をかけてもらえるのと、ホームページ上でのメールでのやりとりなので安心して利用できると思います。

もちろん、自分からネイルサロンに問い合わせをする事もできます。
ネイルサロン側は料金発生しますが、ネイリスト側は一切お金はかかりませんし、サロンによっては就職したらお祝い金などがサイトから入るなどの特典のあるネイルサロンもありますので、是非こういうサイトを使ってみるのもオススメです。

3~ネイルサロンを探す~

ネイルサロンの店内求人募集しているサロンでないと採用してもらえないという事はありません。
求人募集をしていなくても声をかけると、わりかし面接してくれる事もよくあります。
“良いネイルサロンを探す”というのは

  • 場所がいいな
  • ここのスタッフの人すき

など、人それぞれ“良い”と思うネイルサロンが違います。

施設の設備の充実さであったり、立地であったり、客として通いたいところであったりとさまざまです。
まずは自分が通いたいと思うようなネイルサロンを探すというのもひとつの手でもあります。
時間があるのであれば、ここら辺で探しているというのをピックアップして街並みを見て歩いてもいいと思います。

そこでもし、「お!」と思うネイルサロンを見つけたら、迷わず入ってみることをオススメします。
ネイルサロンは今日ネイルをする気がなくても、「料金の確認をしたい」などの理由で気軽に入って大丈夫です。
少し勇気がいるかもしれませんが、雰囲気を見るためにも施術はしなくても入ってみる事も大事です。

内装を見て、さらに良いと思ったらピックアップして“求人募集していなくても電話”してみましょう!
可能なところであれば面接もきちんとしてくれますよ!

ちなみに私も、気に入ったネイルサロンは求人募集をしていなかったのですが、面接してくださいとお願いした事があります。
そして面接して頂き、晴れてそのネイルサロンで働くことができました。

ネイリストの就職先を探す!まとめ

今では、ネイリストもネイルサロンも増えています。
その中で自分に合ったネイルサロンを探すのはとても大変だと思いますが、自分の今後が関わる事なので、ネイリストになりたての1軒目は特に大切にして探していってもらいたいと思います。

1軒目がどうして大切なのかと言いますと、何もネイルサロン事情を分からない真っ白のままで働くことで色々なネイルサロン事情を吸収します。
ですから最初の1件目がベースになってしまう事が多いので、1軒目で勤めるサロンにより今後のネイルサロンへの仕事が変わってくる事もあります。

まず1軒目は自分のためになるようなネイルサロンを見つける事が非常に大切です。
例えば

  • 忙しくて仕事量が多そうなネイルサロン
  • スタッフがきちんと教えてくれるネイルサロン
  • ネイルサロン事情がきちんとしているネイルサロン
  • お客様(リピーター様)が多いサロン

などです。

というのは、最初は覚える事もたくさんあり大変かとは思いますが、技術を身につけること(サロンワークを身につけること)が一番重要です。
教科書通りにはいかないサロンワークだからこそたくさん経験して頂き、自分への向上として繋げてもらいたいと思います。

さらに新規のお客様よりも、リピーター様の方が教えられる事も多いです。
たくさんの就職手段があるので、大切な最初の1軒目を探すのに是非参考にしてみてくださいね。