ネイリストさと子

ネイリストを目指している方は、ネイリストの資格試験のことはご存知の事かと思いますが、ネイル関係以外でネイリストをする上で役立つ資格ってあるのでしょうか。
「ネイリストになるのに、他にとっておいた方が良い資格はあるの?」「こういう資格を持っているけど、ネイリストに役立つのかな?」という疑問をお持ちの方もいると思いますので、今回は“ネイリストにプラスとなる資格”をご紹介していきたいと思います。

1~美容関係の資格~

美容関係の資格をお持ちの方は、完全にプラスです。ネイリストとして働くうえでも非常に役に立つと思います。
理由は、ネイリストも同じ業種だからです。

ひとまとめにネイルサロンといっても色々な店舗形態がありますよね。例えば美容室に付属しているネイルサロンで働く場合、美容師免許をもっていればなにかお手伝いできることがあるかもしれませんし、経験者だとしたら面接に合格しやすいかもしれません。その場の流れを読み取れるスタッフの方が周りも動きやすいですから、採用する側にもプラスになります。

また美容室以外でもエステやまつ毛エクステのお店にネイルサロンが併設されている場合も多いです。ネイルはあまり大掛かりな設備がいらないため、デッドスペースを場所貸しするのに適した職業なのです。美容関係の資格を持っている、または美容関係のお仕事をしていたことがある方はこういったサロンから重宝されるでしょう。

2~色彩関係の資格~

パーソナルカラー診断パーソナルカラーというのをご存知ですか?肌の色・目の色などから割り出される“自分を魅せてくれる色”のことです。わたしは聞いたことしかなかったのですが、ネイリストとして働いていた頃にいつも小さな布を持参してくるお客様がいらっしゃいました。気になって伺ったところ、これが自分に合う色だということを教えてくださり、それがパーソナルカラーだということを知りました。

パーソナルカラリストを職業とする方に診断してもらったそうです(お値段は驚愕でした)。とても面白いと思い、わたしも勉強してみることにしました。ネイリストがパーソナルカラーの知識を持っていたら、悩んでいるお客様にさっとアドバイスすることができますよね。色のチョイスに迷われる方は多く、それぞれ好みもあります。提案したとしても却下され時間ばかりが過ぎてしまうこともネイリストあるあるではないでしょうか。

そんな時「お客様は肌が白いのでこちらの色はいかがですか?」と言ってみましょう。“肌が白いので”と添えるだけでぐっと説得力が増すようで、ほとんどのお客様が納得して決めてくださいます。お客様に関してだけでなく自分のカラーなども知れるので、とてもオススメな資格です。

ただ知識の安売りはもったいないので、お客様にはあくまで話題の1つとして小出しにしていきましょうね♪

3~自動車免許~

免許?と思う方も多いのではないかと思いますが、あるネイリストにとってはすごく便利な資格なんです。それは“個人でネイリストをしている方”です。

ネイル道具は大掛かりな設備がいらないと先ほど申し上げましたが、持ち運ぶとなると結構かさばりますよね。特にライトやマシーン類は意外と場所を取り、大きなバッグやキャリーケースに入れて持ち運ぶことになります。そんな時に免許や車があったら、とっても楽だと思いませんか?手軽に出張ネイリストが出来ちゃいますよね!

ホームサロンを営んでいるけどなかなかお客様が集まらなくて…という方は、自らお客様の家へ出向く方法もありますよ。わたしは免許を持っていないので、ネイリストを続けるなら免許取りたいなあ、と毎日思っています。自動車免許、侮るなかれです!

4~英語などの外国語が話せる~

英会話教材お客様として外国人の方がご来店されるケースは少なくありません。何度となく言葉が通じず苦戦した記憶があります。日本のネイルの技術は、外国からとても高く評価されているそうです。私にも、「繊細だし仕上がりが素敵!」と褒めてくれていたのに全く理解できず、隣で施術していたフィリピン人のスタッフに通訳してもらった経験があります。

会話は大切なコミュニケーションのひとつです。“話せる”ということはとても素晴らしい能力なのです。ネイリストに限らないとは思いますが、ネイルを施すのに1時間から2時間ほどかかりますし、1対1です。なにより手を拘束していますので携帯もいじれなければ雑誌を読むこともできません。寝ることだってできない状況ですよね。ネイリストは、会話も技術なのです。とても有益な能力ですので、話せる方は大いに活用してください!

ネイリストに役立つ資格まとめ

もちろん他にも、医療の知識があれば爪の病気に気付くことが出来たり、営業の経験があればお客様単価を上げることができたり、挙げだしたらきりがないくらい役立つ能力はたくさんあります。

ネイリストは技術だけでうまくいくものではありません。こういった個々の能力が付属して、素敵なネイリストが誕生するのです。いちから新しいことに挑戦しろというわけではありませんが「自分はお客様のために何ができるのか?」を考え、得意なことを伸ばしていくことが大切なのです。ネイリストをやるにあたって、絶対に持っていなければいけない資格はありません。ネイルが好きな気持ち+αで自分独自のネイリストになり、お客様に喜ばれるような施術ができるようになるといいですね。