ネイリストさと子

ネイルアートには様々な種類があります。
有名なのは

  • ポリッシュネイル(マニキュア)
  • スカルプチュアネイル
  • ジェルネイル

ですが、今現在ではジェルネイルが支流になっていて、幅広い年齢層の方々に支持されています。

ジェルネイルのデザインは簡単なものから高度なテクニックのものまで幅広く、何万個ものジェルネイルアートがあります。
その中でも特に今流行っていて人気があり、簡単で時間も掛からず綺麗でオススメなジェルネイルデザインをご紹介したいと思います。

1~ワンカラーネイル~

ワンカラーネイルこれは最も基礎的なジェルアートとも言えます。

お仕事上などでなかなか派手に出来ない方、またはお爪の補強としてもされている方は、爪に何か塗っているとあまり分からないように、クリア、ピンク、ベージュなどを1色だけ使い、ささやかにジェルアートを楽しんでいます。

また、普段のネイルアートのポイントとして印象的な色をワンカラーで塗ってみたり、秋、冬など寒い季節で温かい印象を与えたりも出来ます。

ワンカラーは色によってもオールシーズン、色々なアートの土台としても活躍しているジェルネイルアートです。

2~フレンチネイル~

フレンチネイルのネイルチップこれは男女関係なくウケも良く、ネイルに抵抗のある異性にも割と評判の良いネイルです。全体的に上品な印象に仕上がるジェルネイルアートになります。

支流なホワイトのフレンチネイルは、爪が元々短くてコンプレックな方にも先端に色をつける事で長く見せる効果もあります。

ストーンなどをつけるのが嫌いな方にも十分満足感が得られるネイルです。
フレンチスタイルのネイルデザインは他にもあります。

  • 逆フレンチ
  • ハートフレンチ
  • ストレートフレンチ
  • ナナメフレンチ

など、フレンチスタイルアートだけでもいろいろな形のものがあります。

逆フレンチとは、普通のフレンチとは違い、カラーの割合がクリアよりも多いフレンチスタイルです。

ハートフレンチとは、フレンチのカラーの部分の形がハートのフレンチスタイルです。

ストレートフレンチとは、カーブなどはなくそのまままっすぐカラーを塗ったフレンチスタイルです。

ナナメフレンチとは、カラーをナナメに引いて塗ったフレンチスタイルです。

このように形も様々あり、フレンチスタイルはその人の印象をガラッと変えてくれる、いろいろな顔を持ったジェルネイルアートです。

3~グラデーションネイル~

カラーグラデーションでもラメグラデーションでも支持されているジェルネイルアートです。

ラメグラデーションの場合は

  • 時間が無いけどジェルネイルがしたい!
  • 派手にしたい!

という方におすすめです。ラメグラデーションはとても簡単で短時間ででき、しかもゴージャスに仕上がるのでオススメです。

カラーグラデーションは色によっても印象はだいぶ変わりますが、ベージュ系などのお肌に合った色を選んでグラデーションにすればワンカラーよりもとてもナチュラルなネイルに仕上がります。

  • 仕事関係でジェルネイルはできないから、バレないようにしたい!!
  • さり気なくジェルネイルを楽しみたい

という方にも非常にオススメなジェルネイルアートです。

このように、ベースのジェルネイルアートだけでもネイルアートはまだまだたくさん存在します。

続いては上記のベースジェルネイルの上にアートをするジェルネイルアートについてご紹介していきたいと思います。

ジェルネイルアートは時代の流れに乗りやすく、「これがネイルアート」という形もそこまで厳しくないので、ネイリストによって様々なネイルアートが毎日のように生み出されています。

その中でも特に人気なものをご紹介していきたいと思います。
サロンワークでのお客様によく出るジェルネイルアートは主に

  • フラワーアート
  • ピーコックアート
  • マーブルアート
  • 大理石アート
  • カモ柄アート
  • ドロップアート
  • 他ペイントアート

などです。お客様の年齢層、お仕事柄などでもいろいろありますが、要望が多いのは上記のジェルアートなので、それについて解説していきます。

フラワーアートとは、その名の通りお花をジェルで書いていくものです。

筆を変えるだけで同じ書き方でも味わい、印象が変わってくるので筆を使い分けるといいと思います。可愛い系のお花から綺麗系のお花などいろいろ楽しめます。

ピーコックアートとは、何色かのジェルを使用し、クジャクの羽の様な模様にするジェルアートです。ポイントアートにしたり、夏などでクリアベースのネイルの上にアートにしたりすると涼しく、より夏っぽい印象のネイルになります。

マーブルアートとは、何色かのジェルを爪の上でその色味がきちんと残る様にぼやかしながら混ぜていくジェルアートです。粗く混ぜるか、細かく混ぜるかでも印象が変わります。
可愛らしくしたいとき、春ネイルなどにもオススメなアートです。

大理石アートとは、マーブルと少し似ていますが、違いは1色のジェルを粗く爪の上で混ぜていくアートです。色味により大理石っぽくもなりますし、ブラック&エメラルドグリーンなどを使用するとターコイズストーンのような模様にもなるので色味の配合によりオールシーズン使用できるジェルネイルアートです。

カモ柄アートとは、カモフラージュ柄の事です。ジェルで描く事で可愛らしくもなりますのでポイントネイルにぴったりなジェルネイルアートです。

ドロップアートとは、水墨画のような水玉模様を描くジェルネイルアートです。涼しげに仕上がり、和風なネイルにもgoodで味わいがあり、日々進化し続けるアートの1つです。

他ペイントアートとは、様々なものをジェルで書いていくジェルネイルアートです。

例えば、英字を書いて手描きで味わいをだしたり、ライン(線)を描いてみたり、ベーズリー柄、ヒョウ柄、チェック柄、ドット柄など色々な筆を使い分ける事で何でも描けてしまいます。仮硬化(ジェルが乗せたところから動かないようにする為に少し固める事)を上手く使用しながら書いていけばにじむ事もないので、いろいろなジェルアートを楽しむ事ができます。

ジェルネイルのデザインまとめ

ベースにも色々なジェルネイルアートがあり、その上のメインのジェルネイルアートもたくさんの種類のアートがありますが、上記ご紹介したジェルネイルアート意外にもたくさんのアートはまだまだ存在します。

上記のものはわりかし簡単にでき、お客様にもとても人気のあるものばかりです。

ジェルネイルアートは奥深いですが、より知って頂いてマスターする事でジェルネイルアートの魅力、楽しさを体感してみてください。アートのレパートリーも増えて楽しいですよ。

ぜひ、自分の得意なジェルネイルアートを研究し、探してみて、お客様に提案してみてくださいね。