ネイリスト資格をとるにはどうすればいいの?

ネイリストの資格を取るには大きく2つに、方法が分けられます。

1つ目は通信講座を受講するということです。
通信講座でネイル資格取得"通信講座は今たくさんの会社で行われています。例えばユーキャンなど。自分のやりたい時、マイペースに勉強したい方、仕事や家事の合間などに勉強したい方など、都合などでどうしても通えない方にも自分のペースで勉強したい方にオススメです。

期間はその人にもよりますが、6ヶ月までのコースであったり、ネイリスト技能検定試験を取得するまでには期間延長して受講するものが多いです。

費用も5万~からとリーズナブルに出来るところもありますが、ネイリスト技能検定試験1級までを取得するまでになるには50万弱程は想定しておいた方が良いでしょう。

2つ目はネイリストスクールに通うことです。
ネイルスクールでネイル資格取得やる気にもよりますが早く取得されたい方にはネイルスクールに通う事が一番です。

分からないことなどは分かるまで先生に確認できますし、技術面でもきちんと見て頂けるので安心して取得できると思います。

費用は30万円程~100万円程かかります。

通信講座に比べると値段はぐっとあがります。

期間も6ヶ月~2年程で1級までを取得する事が可能です。

ネイリストさと子

ちなみに私はネイルスクールに通い1年で卒業し、1級まで取得するのに1年半かかりました。自分に合う勉強の仕方を見つけて是非ご参考にしてみてください。

ネイルスクールは全日制の学校、単位制の学校、アフターファイブに受講できる学校などいろいろありますから、働きながらでもネイルスクールに通ってネイル資格取得は可能ですよ。

無料!全国約150校のネイルスクール&通信講座の中から資料請求できるサイト
http://www.nailschool-labo.com/
(ネイルスクールラボ公式HP)

ネイリストスクールに通わなくてもネイル通信講座で資格取得できる理由

今では通信講座で十分勉強でき、その方次第、やる気次第できちんとネイリスト技能検定試験、ジェルネイル技能検定試験の資格を取得することが出来ます。

通信講座でも先生が丁寧に教えてくださり(その会社によりは電話などでも分からない所に対応してくれるようです。)、DVDなどもついていて、時間が限られていてなかなか取れない方にもマイペースに出来ますし、十分に勉強することができます。

ネイリストさと子

「どうして、ネイリストは通信講座で資格を取れるのか?」疑問に思ったことはありませんか?

ネイルアート01それは、ネイリストが国家資格ではないということが大きく関わってきます。”国家資格”じゃない理由というのは未だハッキリしてはいません。

ですが、「じきに国家資格になるから早めに取得したほうがいいよ!」とは何回も言われていましたが、まだ未だになってはいません。

ネイリストは国家資格ではなく、国に認められていない資格ですが〝内閣総理大臣認定〟にはなっています。つまり国のトップには認められている資格ということにはなっています。

ですから、これから近未来的には国家資格になる可能性も無きにしも非ずという感じです。通信講座であっても、許される時間にきちんと勉強して技術を取得し、資格を目指していって貰いたいと思います。

無料!全国約150校のネイルスクール&通信講座の中から資料請求できるサイト
http://www.nailschool-labo.com/
(ネイルスクールラボ公式HP)

それでもネイリストスクールにした方がいい理由。ネイル通信講座のデメリット

通信講座のデメリットとしては

  • 対人としてのきちんとした技術の取得が困難
  • 間違っていても間違ってる場所が直ぐに分からない。
  • ジュニアネイリストとしての交流がない。
  • 情報交換が困難

というように様々なデメリットが出てきます。

ネイルスクール時代の友達と交流それに比べてネイルスクールに通った方がきちんとした技術、流行りのネイルアート、先生の生の声、指摘が受けられるので技能検定試験などの勉強も直接先生に聞けて、自分の間違っているところなども生の声で聞けるのでスムーズに資格を取ることも可能になってきます。

そして、今後のサロンワーク体制にも慣れていく(人の爪に直接施術する)事がとても重要です。

ネイルスクールでの勉強としては対人での練習、ハンド君(手の模型)、アート軸などを主にで練習、授業をしていきますが、日頃練習の際も対人でのネイル施術が出来るので今後の技能検定試験勉強や、試験に向けて、サロンワークなどにも役立つ事となります。

そして、サロンや独立したい場合も先生(プロ)が相談に乗ってくれる事で、いろいろな経験なども聞く事も出来ますし、ネイリスト協会などで免除もあったり、サポートもしてもらえるので、そういう面のメリットが大きいといえます。

そして、同じ教室になったジュニアネイリスト同士でのコミニュケーションができ、これからネイリストとして活躍していく中での情報交換が色々とできたり、人の繋がり(人脈)を作る事もできます。

ネイリストさと子

お互い同じ釜の飯を食った仲間として卒業後も情報交換などもできますし、助け合っていく事もできます。

このような付加価値は通信講座では得ることができないものです。

ネイリストスクールとネイル通信講座どっちをチョイスすべき?

悩むところですが、「ネイル技術を学んで、技術を身につけてどうしたいのか」という目的にもよって選択肢は変わってくるとおもいます。

趣味程度のセルフネイルとしてだけの技術取得でいいのか。それとも職業にしてネイリストとして活躍したいのか。そして、最終的には独立を視野に入れているのか。

ネイリストさと子

趣味程度であれば、自分のペース、他の事をしながら(仕事、家事など)できる通信講座がオススメです。時間を気にせずにマイペースに技術取得したい方にもオススメです。

ですが、ネイリストとして活躍し、独立して後には自分のネイルサロンを出したい!という方は勿論、断然ネイルスクールがオススメです。


ジェルネイル01スクールを選ぶにしても、就職、求人のサポート、独立、開業へのサポートなどの卒業後の事もしっかりサポートしてくれるか否かはその学校によって異なります。入校を決める前にしっかりと今後の対応をどの程度までしてくれるのかについてあらかじめ調べておくと、卒業後も安心してネイリストとして活躍する事が出来るかと思います。

スクールにも、JNA認定校、非認定校などがあります。そこは今後のネイリスト技能検定試験の上の認定講師を受験するのに必要になる必須条件にもなるので、自分のネイルサロンを開業しながらネイルスクールもしたいという方はこちらも調べる条件の中に加えて頂いた方が良いでしょう。

まずは一括資料請求から始めてみるのがおすすめ。

ネイルを勉強するには様々な方法があるのはわかった。とはいったものの、どんなネイルスクールが良いのかわからない、どんなネイル通信講座が良いのかわからないという人は多いと思います。

そういう方はまず、資料一括請求から始めてみるのがお勧めです。

気になったネイルスクール、通信講座を複数絞って資料請求して、自分の今後の方向性に合っているのか、後は、材料費などどれくらい掛かるのか、他、何か勧誘(知らない、聞かない協会に加入しなければいけない)などないか、などについてもよく調べてみる必要があります。

ネイリストさと子

少し怪しいネイル通信講座、スクールがあるのも事実です。ですから、資料請求したネイルスクール、通信講座と照らし合わせてみるのも非常に大切なアクションとなります。

一括資料請求無しに興味のあるネイルスクールにアポをとったりすることはあまりオススメはしません。


ネイルチップ02何故なら、無理な勧誘でなんとなく入校させられてしまったり、多額な受講料が発生したり、余計な必要のないものを買わされたり…などリスク、被害も多数あるからです。

〝ネイリスト〟という職業が世の中に定着している今ではたくさんのネイルスクール、通信講座が開講されるようになりました。その中で、違法な事をしているところも多く出回っています。

知識がないからこそきちんと見極めが必要で、資料請求で色々なところを照らし合わせて、分からないところは聞いてみましょう。

そして、自分自信が納得して安心できるネイルスクール、通信講座を探すようにしてみて下さい。

無料!全国約150校のネイルスクール&通信講座の中から資料請求できるサイト
http://www.nailschool-labo.com/
(ネイルスクールラボ公式HP)

ネイリスト関連口コミ

働きながら学びたいからネイルスクールラボで通信講座を資料請求
OLをしていますが、毎日同じルーチンワークで、仕事にやりがいを感じられません。もっと自分の好きな事を仕事にしたいと思い、ネイリストを目指す事にしました。

すぐに仕事は辞めず、資格を取得し転職の準備が整ってから辞めるつもりなので、ネイルスクールではなくネイル通信講座で学ぶ事にしました。

ネイルスクールラボなら、全国のネイルスクールの情報だけでなく、ネイル通信講座の情報もあります。3つの通信講座の違いがネットだけではイマイチ分からなかったので、もっと詳しい情報を知りたいと思い、3つとも資料請求をしました。

資料を見ながら、短期間で効率的に知識やスキルが身につく通信講座を選びたいと思います。複数の通信講座の情報が載っていたので、ネイル通信講座の相場料金が比較できたのもよかったです。


ネイリスト関連口コミ

ネイルスクールラボで1DAYに参加
ネイルスクールラボは、全国のネイルスクールを検索して、資料請求をする事が出来るポータルサイトです。ネイルスクール=ネイルストになるために通う学校である事には、間違いありません。

ですが、1DAYから受講できるネイルスクールがあるって知っていますか?私は自分でネイルをするのですが、単調に塗るだけになってしまうので、もう少しいろいろとネイルを楽しみたい。

プロの技を知りたいと思い、1DAYに参加してみました。正直スキルがなさすぎてついていけない部分もありましたが、自分にも出来そうな小技をいくつか習得できたので大満足です。

ネイルが好き、もっと上手くネイルが出来るようになりたい。そんな人も1DAYなら、気軽に参加して、得られるものも多いのではないでしょうか?


ネイリスト関連口コミ

ネイルスクールラボで道具持ち込みOKのスクールを探した結果
講義の内容に合わせて、ネイルスクール入学時に、道具を購入する、そんなコースの方が多いのかもしれません。ですが、私は今はYouTubeなどで動画がアップされているし、独学でも出来るのでは?

そんなふうに思ってジェルネイルのキットを購入してしまいました。結構高かったのですが、想像以上にジェルネイルが難しく独学では無理と早くも諦めてしまいました。

ですがネイルスクールで道具をもう一度購入し直すのは、勿体ないですよね。だからネイルスクールラボで、道具の持ち込みOKなスクールがないか探してみました。すると、自分の道具で学べるスクールが複数ヒットしたのです。

しかも、受講料から道具の教材費が引かれるため、思っていたよりも安い価格で受講できる事が分かりました。ネイルスクールラボで調べなかったら、再度道具を購入する事になっていたかもしれないので、助かりました。


ネイリスト関連口コミ

ネイルスクールラボの体験談を読んで決意
例えば今別の仕事をしていてネイリストに転職をしたいと考えている場合、安定した収入を失うかもしれない訳ですから躊躇してしまう気持ちもありますよね。では他の人が、どのようにネイリストに転職をして、今どのような1日を送っているのか?

ネイルスクールラボのサイトでは、ネイルスクールを卒業して、ネイリストになるまでのビフォア―→アフターストーリーを紹介しています。

そのストーリーを見て、ネイリストに転職し、充実した日々を送っている人の姿を見て、やっぱり自分もネイリストとして働きたいという気持ちがさらに強まり、ネイルスクールに入学する決意を固めるきっかけになりました。

それぐらい、みんな生き生きと仕事をしていて、こんなふうに自分もなりたいと憧れます。出来れば最初はサロン勤務で技術を学んで、最終的には開業がデキるように頑張りたいと思います。


ネイリスト関連口コミ

高校卒業後の進学先にネイルスクールラボで選んだ学校へ
高校を卒業したら、ネイルスクールの専門学校に通いたいと考えています。しかし高校は進学校なので、担任の先生に進路を相談しても、当然ながらネイルスクールについて全く分かりません。

とにかく自分でどうやって調べたら?そう思っている時にネイルスクールラボのサイトを見つけました。

ネイルスクールの選び方、目的別や拘り、条件で選ぶ方法、また就職先まで考えて選ぶ方法、ネイリストの資格の取得方法など自分が知りたい情報が、全てあるサイトだったので、本当にすごく役立ちました。

目的別の選び方からネイルスクールを3校にまで絞り込み、後は資料請求をし、出来ればスクールの雰囲気を確認したいので、見学が可能かどうか確認をしてみるつもりです。

ネイリストになりたいという気持ちはあっても、どうすればネイリストになれるのかよく分かっていなかったので、ネイルスクールラボのようなサイトと出会えて本当によかったです。

無料!全国約150校のネイルスクール&通信講座の中から資料請求できるサイト
http://www.nailschool-labo.com/
(ネイルスクールラボ公式HP)

ネイル、ネイリスト資格に関するQ&A

ネイリスト関連口コミ

ネットなどで販売されている安価なジェルの使い勝手はどうなんでしょうか。高いジェルとはやっぱり違いますか?


ネイリストさと子

通販サイトでよく見かける安価なジェルも正直なところピンキリなので一概にはお答えできませんが、500円以下でとても優秀なジェル販売されています。少し伸びが悪かったり、テクスチャーが定まらなかったりすることはまれにありますが、仕上がりには全く問題なくキレイなネイルが出来上がります。

安価なジェルでも持ち良く使うコツとしては、ベースジェルとトップジェルはしっかりとしたメーカーのものを使い、カラージェルをプチプラなジェルにすることです。ベースは1番重要な爪との密着要素です。そしてトップはコーティングする役目を担っています。

大事な部分ですのでここはケチらずしっかりとしたものを選ぶと良いでしょう。その代わり、間に挟むカラージェルは安価なものでも大丈夫です。ただ、メーカーによっては相性の悪いジェルもあるので注意が必要です。お手頃価格だからといって一気に揃えるのではなく、まずは試し買いで使い心地を判断してから揃えることをオススメします。

ネイリスト関連口コミ

ジェルオフがすごく面倒くさいです。楽に素早くできる方法はありませんか?


ネイリストさと子

塗るのは楽しいけれど、オフって面倒ですよね。セルフだと片手ずつやらなきゃならないのでとっても時間がかかりますし、なにより大変です。その上ジェルをオフするための溶剤である“アセトン”は、肌にも爪にも良いものではありません。

時間をかけたのに手に悪影響だなんて、あまり嬉しいことではないですよね。なので私は「マシーンでオフ」することをオススメします。慣れるまでは正直少し怖いですが、慣れるととってもスムーズにジェルオフが出来ます。浮かせて落とす手法ではないので、ベースジェルを少し残したまま次の施術をすることもでき(フィルインといいます)、爪にも優しい方法です。

すごく高価なものでもないですし、1度買えば随分長持ちするので、長い目で見たらお得だと思います。ネイルマシーンで検索するとたくさん出てきますよ。

ネイリスト関連口コミ

爪にコンプレックスがあるのですが、それでもネイリストになれますか?


ネイリストさと子

もちろんです!ネイリストといっても、みんなハンドモデルのようにキレイな爪をしたスタッフばかりではありませんし、むしろ爪にコンプレックスを持ったスタッフはとても多いです。

お客様の中にもそういった方はたくさんいらっしゃいますので、同じ悩みを持っているもの同士一緒になって解決策を考えることができます。

私の友達に、可愛いネイルをしているだけで爪を噛む癖が治ったという子いました。爪の悩みを解決することができるのがネイリストです。ネイルをすることによってコンプレックスをチャームポイントに変えることが出来ちゃう夢のようなお仕事なのです!

ネイリスト関連口コミ

セルフネイルをしようと思いジェルを揃えたのですが、自分に使うだけなので使い切る前にダメになってしまいそうです。何かいい活用方法はありませんか?


ネイリストさと子

“レジン”という言葉を聞いたことはありますか?英語で樹脂という意味なのですが、レジンとジェルはとてもよく似ています。レジンにも種類があるのですが、UVで固まるレジンがあり、その要領はジェルとほとんど変わりません。レジンは、アクセサリー作りなどの創作活動に活用されることが多いです。

ということは、ジェルでもアクセサリーが出来る!ということです(品質によっては出来ないジェルもあります)。なのでジェルが余ってしまってお困りの方は、ネイルに合うアクセサリーなどを一緒に作ってみてはいかがでしょう。

レジン関係の書籍は本屋さんにたくさん売っていますし、ネットで調べても色々と情報が出てくるので要領がわかるのではないかと思います。ネイルが好きな方にはもってこいの活用方法だと思いますよ ♪

ネイリスト関連口コミ

UVライトとLEDライトって何が違うんですか?買うならどっちがオススメですか?


ネイリストさと子

簡単にお答えすると、「UVで固まるジェルか、LEDで固まるジェルか」ということです。中にはどちらのライトでも固まるジェルもあります。もともとはUVで固まるジェルが主流だったので、UV対応ジェルの方が多いかもしれません。

まだLEDに対応していない有名メーカーもあるので、ご自身が使うジェルに合わせてライトを購入するのが最適かと思います。具体的にどんな違いがあるのかと言いますと、電球の見た目も違いますが、LEDの方が電気のもちが良いものが多いです。

また、硬化時間も早いです。これだけ聞くとLEDの方が良い気がしますが、先述し対応通り対応していないジェルもあるということがデメリットとして挙げられます。また近年家庭用電球にLEDライトが使われることが多いので、蓋を開けっぱなしにしてしまうと容器の中のジェルが固まってしまうこともあります。ジェルの扱いには注意しましょう。

ネイリスト関連口コミ

最近すごく安いネイルサロンが多くありますが、本当に大丈夫なんでしょうか?なにか安い理由があるんですか?


ネイリストさと子

近年ネイリストは急増し、ネイルサロンもとても増えています。顧客獲得手段の1つとして、やむなく価格を下げているサロンも多いのが現状です。ただ中にはびっくりするほど安いサロンもありますよね。正直安すぎると裏があるのではないかと思い逆に行きづらくなってしまいます。

私が知っている安価サロンの例として、初回だけ割引サービスがある場合や期間限定で価格を下げている場合があります。これは完全に顧客獲得目的なので、利用者からするととてもありがたいサロンです。また、研修中のネイリストが施術をする場合も比較的安値です。

これはいわゆるハンドモデルという名の練習台なので、仕上がりに保証はありません。気をつけなければならないのが、「安価だけどただ速さ重視」なサロンです。施術の金額にはネイリストの時間給も含まれます。早ければ早いほど安く済むということです。ネイルには相応の時間がかかりますが、そこをはしょることによって安価にしているというサロンも存在します。

ネイルさえ出来ればそれでいいという方にはオススメですが、施術以外のサービスも大事という方には向かないサロンです。もちろん高額だからといって素晴らしいサービスを受けることが出来るとは限りませんので、価格よりも自身に合ったお店を見つける方が素敵な時間を過ごせるでしょう。

ネイリスト関連口コミ

ネイル用品はどのようにお手入れすればいいのですか?


ネイリストさと子

筆は基本的にキッチンペーパーなどで拭き取るだけで大丈夫です。色の強いジェルを使った場合のみ、クリーナーでさっと洗うようにしましょう。あまり洗ってしまうと筆がパサパサになってしまい、思ったより早くダメになってしまいます。

これは濃いジェル用の筆、などと自分でルールを作っておくと筆が長持ちします。使用後はしっかりキャップをしておきましょう。

また備品がジェルでベタベタしてしまった場合、水では落ちませんのでクリーナーやエタノールで拭きましょう。施術する際に使うエタノールは消毒用がいいとされていますが、備品を拭き取る用途の場合は無水エタノールの方が適しています。

コットンで拭いてしまうと毛があらゆる場所についてしまうので、キッチンペーパーで拭くことをオススメします。
使用したジェルの蓋の周りは、キッチンペーパーでサッと拭いておきましょう。拭かないと、次回使う時にベタベタしてしまったり、最悪の場合かたまってしまうこともあります。

ネイリスト関連口コミ

爪をキレイにするのが好きだからもっとネイルのこと知りたいけど、正直マニキュアとジェルの違いも分かりません。マニキュア専門のネイリストになれないの?


ネイリストさと子

じーっくり探せばマニキュア専門のサロンは存在するかもしれません。しかし、やはり今の主流はジェルやスカルプですので、マニキュア専門のサロンはごくまれだと思います。マニキュアはだれでも簡単にできますし、難しい下処理や専門の道具は必要ありません。

すぐ落とせますし、とても便利です。ですが、乾くのに時間がかかりますしすぐ取れてしまうというデメリットもありますよね。その点ジェルは、固めてしまえばすぐに触れますし、数週間はもちます。

そんなに敬遠するほど難しいものではありませんので、マニキュアが好きならすぐにマスターできると思います。ネイリストになりたいという気持ちがあるなら、ジェルネイルのことも勉強してみた方がきっと役に立つと思います♪

ネイリスト関連口コミ

ネイリストになると、どんないいことがありますか?


ネイリストさと子

わたしがネイリストをやっててよかったなあと強く思った瞬間は、「タダでネイルをやってもらえること」ですかね (笑) ネイリスト同士は、練習も込めてお互いに施術し合うことが多いです。同志なので、「ここはもっとこうしたい」という要望も伝えやすいですし、もし気に入らなかったとしてもすぐに直せます。

私はもともと月に15000円かけてスカルプをするためにサロンに通っていました。ということは、年間で18万円浮いたことになります。ちょろっと旅行に行けちゃう額です。とても嬉しい特典でした。また、なにより大好きなネイル用品に囲まれてのお仕事は日々わくわくします。

好きなことを仕事に出来るって幸せだなあと思いながら働いていました。ネイルが好きなら是非目指していただきたい職業です!

ネイリスト関連口コミ

ネイリストをするにあたって、なにを心がけて行動することが大事ですか?


ネイリストさと子

ネイリストのお仕事に絶対的な正解はありません。自分なりにとても素晴らしい出来栄えだと思ってもお客様に満足してもらえなければ意味がありませんし、納得のいかない仕上がりでもお客様が「とっても素敵なネイルだわ!」と言ってくださればそれはそのお客様にとって100点のネイルなのです。

技術面でのゴールは存在しませんし、運や相性など色々なものが相まって正解が生まれるのです。なので私は、そういったところよりも、もっと日常的なところに目を向ける努力をしました。

その時の流行りものを調べそれに付随するパーツ類を発注することは、お客様がご希望されるデザイン(やはりお客様は流行りものが好きな方が多いのです!)に仕上がりを近付けることにつながります。

また、日常の風景や目に入る色合いからも意外とインスピレーションを受けることがあります。日々の生活にもヒントが転がっているので、貪欲に生きるとプラスになることがたくさんおきて楽しいですよ♪

ネイリストになりたい!どうすればいい?その方法と手順

まさに題名の通り、“ネイリストになりたい!”と思っている方はたくさんいると思います。
ネイリストになりたいって言っても「どうすればなれるのか?」「どれぐらいの期間でなれるのか?」「そんな簡単になれないでしょ?」「不器用だとなれないでしょ?」などの声が多く耳にし、疑問もあるとおもいます。

その疑問から、どうすればなれるのか、どれくらいの期間でなれるのか、簡単になれるのか、器用じゃなきゃダメなのか、という4つの項目で解説していこうと思います。

1~どうすればなれるのか~

ネイリストというのは国で認められていない(国家資格ではありません)職業です。なので、通信講座(JNA主催、ユーキャン等)やネイルスクールに通うことでネイルの知識、技術を得る事ができます。

今では通信講座にも様々な会社がありますし、通信講座(基本知識、基本技術)、自主勉強(実技)での勉強で技術取得が可能です。

時間があり、ネイルスクールに通える方は自分のペースに合わせて週1~の通いで取得する事も可能です(ネイルスクールの授業量にもよります)。

今では、インターネットなどでの技術検索もたくさん出回っているので自主的に勉強している方も多いようです。

このように

  • 通信講座を受講する。
  • ネイルスクールに通う。
  • 自主的勉強する。

という3つの手段があるので自分に合わせた勉強が出来るかと思います。

2~どれくらいの期間でネイリストになれるのか~

通信講座、ネイルスクール、などで取得できる期間は異なりますが、“最短で3ヶ月でできる”という告知もよく見たりしますよね。

もちろん、やる気次第で短期取得は可能です!

技術習得は自主勉強も含めてやる気次第ですが、ネイルスクールの場合はこの日はこの授業を…といったカリキュラムが組まれますので、予習、復習といったきちんとした作業が出来ます。
(その分取得まで少し時間がかかるかもしれませんが、きちんとした内容の濃い勉強をするのが大切です。)

もし資格を取得したい場合は春夏秋冬、年に3~4回技術試験が開催されています。

ネイリスト技能検定試験を取得する場合は3級が早くて3ヶ月程で取得できるという形になり、早くても1級を取るまでには1年半程かかります。

技能検定試験は飛び級ができないので、3級から取得し、2級、1級というように取得していきます。

もし、ジェルネイルのみの試験を受験したい場合はジェルネイル技能検定試験もありますが、ジェルネイル検定も飛び級はできないので初級、中級、上級を全て取得するにはスムーズにいって、こちらも1年半程かかります。

この技能検定試験も踏まえてネイリストになりたい方は期間を考えて頂ければと思います。

ネイルサロンによっては勉強しながら働く事も可能なサロンがいくつかありますので、調べてみてサロンワークをしながらネイルの技術を取得し、技能検定試験に臨むというやり方もありますよ。

3~簡単になれるのか~

技能検定試験を取得する場合もそうですが、決して“簡単”という事は無いのですが、冒頭にもお伝えしたように、国家資格ではない為、美容師や理容師などになるよりは比較的に簡単になれるかと思います。

練習、技術取得を勉強している際には得意、不得意な事は誰しも出てくると思いますので、そこをどうやって得意にしていくか、得意ではなくても「普通にできる」ようにするのが大事だと思います。私もそれにはかなり時間がかかりました。

またネイリストになる=接客業になるので、自分自身が満足しても意味がありません。お客様に満足してもらえるように納得いくまで勉強し、身内にいっぱい、たくさん爪を借りました。

第三者が思う事は自分とは違うので、対人での施術勉強で時間を費やしたことの方が多いかもしれません。

国家資格のお仕事よりは簡単になれますが、接客業のお仕事なので“簡単”ということで片付けるのは少し厳しいかな?とは思います。

4~器用じゃなきゃダメなのか~

器用不器用は正直、関係ありません。

かつて、私も最初はとても器用とは言えないほど大雑把でした。特に自分の生活については「ま、いっか!」で済ませることが多く、かなり投げやりでした。

ですが、器用、不器用に関係なくネイリストになる為の技術の勉強をしているうちに「もっとこうなりたい!」「こういうのがしたい!」「こういうのしてみたい!」「もっと上手くなりたい!」という欲が強くなってきました。

負けず嫌いというのもあり、「この人より上手くなりたい!」「この人よりも早く出来るようになりたい!」なども思うようになりました。

その結果たくさん練習する事になり、自然に技術も身についてきました。日頃の事についてもこのお陰で大雑把ではなくなり一石二鳥でした。私と同じようなネイリストも多いと思います。

ネイルアートとは器用、不器用は関係なく“ネイリストになりたい”という向上心が強いほど技術がきちんと身についていくのだと思います。

ですから「私は不器用だから…」と諦めないで、是非どんどんチャレンジしていってもらいたいと思います。

ネイリストになるための方法と手順まとめ

  • どうすればなれるのか
  • どれくらいの期間でなれるのか
  • 簡単になれるのか
  • 器用じゃなきゃダメなのか

というお題でお伝えしてきました。

この声は本当に良く聞く声で、私もネイリストになる前疑問に思っていた事でした。でも、決してこの疑問などでネイリストになるのを諦めてもらいたくないと思い、このように書かせて頂きました。

是非諦めないでネイリストを目指していって貰いたいと思います。

どういう人がネイリストになるの?

今や人気がある職業になってきた“ネイリスト”ですが、「どういう人がなるの?」「その人はどうしてなろうと思ったの?」という声は未だによく耳にします。

私もお客様から「前は何のお仕事をしていたの?」「もともとネイリストになりたかったの?」「もともとこんなに器用だったの?」などと色々聞かれる事が多いです。

他のネイリストでも、サロンワークを経験しているとそういう質問も多いのが現状です。サロンワークに来ていただいているお客様はネイルに興味がある方ですから、気になるのも当然だと思います。

ではその“どういう人がなるの?”という疑問を解決していきたいと思います。また、ネイリストになった場合のリスクについても少し説明しようと思います。

1~最初からなりたくてネイリストになった~

まずは、もともとネイリストになりたくて専門学校、ネイルスクール、美容学校などへ通い、ネイリストになった方です。私もその中の1人でもあります。

この「もともとネイリストになるのが夢だった」という方は多く存在します。
でも、最初から他の職をせずにネイリストになった方でも

  • なりたくてなった方
  • とりあえずなった方
  • 他にやりたい事がないからなった方

の3パターンあります。

なりたくてなった方は上記のように、ネイルの知識や技術を身に着けるために専門学校などに通い、ネイリストになる為に試験なども受ける方です。

とりあえずなった方は、「とりあえず美容関係の仕事をしようかな~」「とりあえずなっておけば手に職だからいいかな」などという感じでなんとなく美容学校等に通いトータルビューティー(ネイル、エステ等)を習った結果、職業選択としてネイリストの道に進んだ方です。

他にやりたい事がないからなった方は、「特にやりたいことはないし、人気があるならネイリストになろうかなー」「ネイルは可愛いし、自分でできるようになるならいいか」「職業をネイリストですって言ってみたい」などの興味半位であやふやな気持ちでネイルを学びネイリストになった方です。

このように、最初からネイリストになった方でも理由は人によってさまざまです。しかしどのような理由でも、仕事をしていくうちにネイリストという責任感が強くなり、また技術も向上して描くネイルも魅力的になり、好きになって続けている方は多いですよ。

2~転職してネイリストになった~

2つ目は、転職してネイリストになった方です。もともと別のお仕事をしていてふと、「もっと輝ける職につきたい」「やりがいのある仕事がしたい」などの理由からネイリストに転職をした方も非常に多いと聞いています。

私が知り合ったネイリストさんの中にもそのような方はたくさんいらっしゃいます。

あと、お客様の立場だった方が「このお仕事っていいね」「どうやったらなれるの?」「私でもなれるかしら?」と聞いてくる方も多く、私が出会ってきた何人かのお客様でネイリストとして勉強しようとしている方や本当にネイリストになった方が多いです。

転職で特に多いのは美容関係からネイリストへ転職する方です。
例えば

  • 美容師からネイリストへ
  • エステティシャンからネイリストへ

といった方々です。

この2つのお仕事の方、特に美容師は美容学校の科目の中にネイル選択があるようです。

3級は必ず受けるといった必須な項目があり、ネイルの知識をある程度身につけて美容師さんになる方が多いです。

なぜ美容師に転職が多いかと言うと、美容師はカラー剤などで爪が色素沈着してしまったり、シャンプーや水を触る事が多いので二枚爪になってしまったり、ささくれなどの皮膚の炎症がおきてしまったりします。

職業病だと言ってしまえばそれまでなのですが、女性の美容師さんにはあまり受け止められない現実のようで、転職する方が多いです。

またエステティシャンの方は爪を短くしなければいけないお仕事で、同じ美容関係のお仕事でも“ネイルをしたい”という一心からなる方も多いようです。

3~ネイリストになった場合のリスク~

このように、どんな立場や仕事からも、どのような理由からもネイリストになれますし、なっていっている方がたくさん居ます。ネイリストのお仕事は本当にやりがいもあります

ただ、正直なところ、その分リスクもあります。
リスクは

  • 肩こりの慢性化(もともと肩こりをお持ちの方)
  • 腰痛(ずっと同じ体勢でずっといる為)
  • 目が疲れる(一点をずっと見ている為)

などです。

でもこの症状は個人差があります。それにどのお仕事も少しのリスクはあるかとは思います。

ただそのリスクがあったとしても、自分がこなしたものをお客様が満足してくれて笑顔としてすぐに見ることができ、さらにお客様が「この前のネイル良かったわよ」とリピーターとしてまた来てくれる事で、「ネイリストをしていて良かったな」と思えるようになり、そんなリスクは痛くも痒くもなくなってしまいます。

この“やりがい”こそが、

  • 最初からネイリストを天職としている方
  • なあなあに始めた方
  • 転職して始めた方

などいろんな理由でネイリストになった方全員が、心にじーんとくる幸せだと思います。私はこの幸せがあるので、やめたいと思った事はありません。

寧ろ、やめようと思った事があったとしてもこのひとときの幸せ、喜びのおかげでそれを忘れられる程の大きな充実感があります。

ネイリストになる人の傾向まとめ

ネイリストを目指している方やネイリストの転職を考えている方に“ネイリスト”としてのやりがい感、お客様に喜んで頂ける幸せをこの目で見て是非感じで頂きたいなと思います。

そして、どういう方でもやる気さえあればネイリストに〝必ずなれる〟というのをもっともっと知ってもらいたいと思います。

ネイリストの資格って何があるの?

ネイリストになる為に必要な“資格”ですが、「具体的にはどういう資格があるの?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。

またはネイリストの資格って聞いた事あるけど、「難しいのか?」「なんの為に取るのか?」という疑問もお持ちの方も正直多いと思います。

その疑問について「ネイリスト技能検定試験」「ジェルネイル技能検定試験」「認定講師資格」という3つの試験を取り上げながらご紹介していこうと思います。
また、ここで紹介する技能検定試験はJNEC主催の試験になります。

1~ネイリスト技能検定試験~

まず“ネイリスト技能検定試験”とはどういう試験なのかご説明していきます。この試験は「国際的に通用するネイリストの育成を目指す当財団が主催する、正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ検定試験」です。

取得する事で、日本のネイルサロンで通用する技術の“証し”と思っていただければと思います。

ネイリスト技能検定試験では大きく3つの資格を取得できます。飛び級は出来ませんので、低級から順に取っていくことになります。

一番初めに受ける事が出来るのが3級です。ネイルケア、赤ポリッシュ塗りと言った基本技術がメインになっている技能検定試験です。受験料は¥6.600で、ネイリストの試験の中では一番安いです。

3級に合格すると、2級の受験資格が得られます。

2級ではサロンワークで活躍できるリペア技術、3級と同様ネイルケアと基礎知識を取得する試験でネイルサロンでは2級以上取得者を主に募集していたりします。受験料は¥8.800です。

1級は“プロのネイリスト”として認められる資格となります。内容はスカルプチュアネイルとチップを使ったチップオーバーレイというスカルプチュアネイルの一種です。受験料は¥11.000になります。

少し高価な金額となる為、出来れば一回で受かっておきたいところですね。JNEC主催の試験は以上のこの3つになります。

2~ジェルネイル技能検定試験~

ジェルネイル技能検定試験はJNAが主催しているネイル試験です。
ジェルネイル技能検定試験は

  • いま現在ネイリストとして働いている方
  • ネイリストになりたい方
  • ネイリストにはならずにも趣味としてジェルネイルの知識を身につけたい方

等が取得する資格になります。ネイリスト技能検定試験と同様、飛び級はできません。

サロンワークでもジェルネイルが多くされている中で、ジェルネイルの資格を持っていることはお客様の信用・信頼・安心を得ることができますし、また自分自身も知識を身につけた事で堂々と出来ますよ!

ジェルネイル技能検定試験にも3つ項目があります。最初に受ける事が出来る“初級”です。

初級はネイルケア技術に加えて赤ポリッシュ塗り、ジェルのワンカラー、ピーコックアートがメインになります。基本的な技術に加えて、ケア、ジェルアートも問われます。受験料は¥9,720とネイリスト技能検定試験に比べて少し高めです。

初級が受かると、“中級”の受験資格を得ることができます。中級はジェルスカルプチュアネイル、フレンチジェルネイルとカラーグラデーションの技術の繊細さが問われます。中級はアートはありません。サロンワークをしている方には結構し慣れていると思うので、あまり高度な試験ではないと思います。受験料は¥12,960になっています。

ジェルネイルのプロフィッショナルと言われるのが“上級”です。上級はジェルスカルプチュアネイル、ジェルチップオーバーレイ、ジェルチップオーバーレイフレンチルック、ジェルアート(フラワー)になり、中級のジェルスカルプチュアネイルよりも長さを出し、アートも高度な技術が問われます。受験料は¥16,200とこちらも安いと言える値段ではないので、1回で合格したいものですね!

3~認定講師資格~

このようにネイリストにはネイリスト技能検定試験、ジェルネイル技能検定試験とたくさんのネイリストの試験がありますが、この更に上の“認定講師”という資格も存在します

この資格はネイリストを育成でき、JNAの技能検定試験の試験官にもなれる資格で、日本ネイリスト協会に認められた“プロのネイリスト”という事になります。

この資格を受験するには何点かクリアしていないといけない点があります。

  • ネイリスト技能検定試験1級に合格し、受験において1級合格認定日(ディプロマに記載された日)より1年以上経過している方
  • プロネイリストとして実務経験を有する方
  • JNAの個人正会員であること(※個人一般会員は対象外です。受験申込みと同時に入会手続きを行うことは不可)
  • 受験日において満二十歳以上であること。
  • 当協会発展の為に尽力してくださる方

「JNA 認定校」を卒業している方(※JNA認定校以外で学ばれた方は、JNA認定校「ネイル専門学科」に於いて「ネイルケア」及び「ネイルイクステンション」の実技時間を計20時間以上有するカリキュラムを受験手続前までに修了していること)

  • 「ネイルサロン衛生管理士」の資格を取得している方
  • 「ジェルネイル技能検定試験上級」の資格を取得している方
  • 「仮合格者勉強会」「条件付合格者勉強会」に必ず出席できる方

以上がクリアしなければいけない項目です。受験料は¥15,000です。この条件をクリアしていないと受講できないのでそこもご確認してくださいね。

ネイリストの資格まとめ

このようにネイリストの為の資格はたくさんあります。試験を受けることで自分の目指すべき技術の指標にもなり、ネイリスト意識も高まります。大変ですが是非頑張ってくださいね。

ネイリストは資格がなくても働けるのか

美容師免許や教員免許など、資格を持っていなければなれない職業は数多く存在します。資格を取得するまでの道のりは険しいですが、受かるととても誇れる証になります。当然「ネイリストになるにも資格がいるの?」「資格がなくても働ける?」と疑問をお持ちの方はいると思います。ですので今回は、“ネイリストは資格がなくても働けるのか?”についてご説明します。

ネイルに関わる資格は色々ありますが、大きなものだと「ネイリスト検定」と「ジェル検定」があります。これはネイルの知識を測るものさしとなり、応募条件に“○級以上保持者のみ”などとそれぞれのお店で決められています。1級以上持っている人しか雇わないお店もありますし、3級だけでも雇ってくれるお店もあるでしょう。

では無資格者は働けないのか?というと、そういうことではありません。ネイリストは“資格無保有者”でもなれる職業なのです!

まずはじめに資格とネイリストの関係性ですが、確かに爪の知識はつきますし、基礎的な施術も試験範囲内ではあります。しかし、サロンワークに必要な知識のほとんどは資格の範囲で全くと言っていいほど勉強しません。現場で学ぶというのは全ての職業に共通するものなのかもしれませんが、ネイリストは特にその部分が強いと感じます。

ですからネイリストにとって資格は“持っていると有利なものである”という程度だと私は思っています。もちろん募集要項に“○級以上保持者”と書いてある店舗はふるいにかけられる以前の問題かもしれません。

でもよく見てみて下さい。

○級以上保持者の横に“またはそれと同等の技術をお持ちの方”と書いてあるお店はありませんか?これはどういうことかというと、“無資格者でも技術を持っているなら面接しますよ”ということです。もっと言ってしまうと、“未経験者大歓迎!”なんて書いているお店もあります。

資格がなければネイリストになれるはずがないと思い込んでこの事実を知らない方も意外と多いです。技術職ですから当然そう思ってしまいますよね。

しかし、ネイルに対して多少の知識があるならまだしも、全くの未経験者がネイリストになるのは簡単なものではありません。

未経験者を採用しているサロンに知り合いがいましたが、内情はやはりしっかりとしたサロンよりは劣っていましたし、口コミもいいものばかりではありませんでした。馬車馬のように働かされ、空き時間があれば練習・勉強ととても大変そうでした。ですがその知り合いは、「未経験で働かせてくれるサロンがあるということ自体が自分にとって奇跡のようなことで、毎日もがきながらだけれどお客様と関われる。ここで経験を積み、いつか資格を取り立派なネイリストになりたい」と言っていました。

「このサロンは登竜門」だと聞いた時、ネイルサロンには色々な形があってもいいのかもしれないと思いました。ネイルの資格を取るためには、やはりそれなりの資金が必要です。ネイリストになりたいけどその資金が用意できないという方もいると思います。そういう方に、「未経験者歓迎」のサロンをオススメしたいのです。

未経験者歓迎サロンのほとんどが、研修制度を設けていています。
研修制度を設けていないところは危険なので避けた方がいいです。 研修期間は時給が出るサロンもありますし、出ないところもあります。研修内容としては、資格のための勉強とは逆で、「即戦力となるための勉強」をします。

サロンワークの手順やデザインのやり方、ペース配分などをたたきこまれ、最後に試験のようなもの(例えばハンドモデルさんに施術する、時間内に規定の施術工程ができるようにする)に合格したらネイリストとして店舗デビューできる。という流れが多いようです。意外としっかりしていますよね。“そのお店で“でしたら長く働けそうです。

無資格者の落とし穴がここで、やはり資格を持っていないとサロンを移ることは難しいでしょう。“そのお店のやり方”は他店で必要となるやり方か分かりませんし、知識を測るものさしがありません。勝負できるのは技術のみです。なので、無資格でネイリストになった方は、働きながら少しずつ勉強し、検定を受けてみることをオススメします。

正直、ネイリスト検定3級なら独学でも受かるはずです。もちろん簡単なものではないので努力しなければ受かりませんが、サロンワーク経験者であれば希望はあるはずです。

ネイリストは資格無しでも働けるのか?まとめ

ネイリストのひとりとして、「資格なんか取らなくていいよ!」と言うことはできません。サロンワークにはあまり直結しないものだと先述しましたが、やはり基礎はおろそかにできませんし、本来は勉強して資格をとることが普通の道のりなのです。

しかし実際に無資格でも働けるというのが現状ですし、国家資格でもありません。働く基準が不明確な職業です。ネイリストが増えてきている時代ですから、もしかしたら基準が改正されるかもしれませんが、今は「ネイリストとして働きたい!」と思えばすぐに働ける時代です。

ネイリストになりたいけど迷っている方・電話番でもいいからとにかくサロンで働きたい方、いまならまだ道はいくらでもあります。
資格や技術ももちろん大事ですが、そのネイルに対して前向きな姿勢が1番大事です。あくまでひとつの例として、頭の中に入れておいていただけると幸いです。

そもそもネイリストとは?

ネイリストと聞いて思い浮かぶ仕事内容はなんですか?1番最初に思い浮かぶのはやはり「可愛いデザインをお客様のお爪に施すこと」ではないでしょうか。いわゆる“施術”ですね。爪をキレイにするのがネイリストのお仕事です。

しかし、素敵な仕上がりだけではお客様は100%で満足してくださいません。それは「施術をするだけがネイリストではない」からです。「じゃあネイリストの仕事ってなんなの?」と思いますよね。
今回はそれをご説明していこうと思います。

まずはじめに自分自身の結論を申し上げますと、私はネイリストを『究極の接客業』だと思っています。数々の仕事を経験してまいりましたが、ネイリストより大変な接客業に出会ったことはありません。

例えば販売員のお仕事は、色々なお客様にお声掛けをして商品をPRしなければなりませんよね。売上ノルマがあるお店は特に大変です。営業のお仕事は、たくさんのクライアントさんと顔を合わせ、商談を成功させなければと必死にかけまわります。

水商売のキャストさんは毎日キレイに着飾り、それぞれのお客様に合った癒しを考えて提供しなければなりません。思っているよりとても頭を使うお仕事です。このように接客業は数えられないほどありますし、人と関わる=接客業なのであれば、ほぼ全ての仕事が接客業です。肉体的にも精神的にも大変なお仕事ですよね。

ではその大変な接客業の中に「手を拘束する仕事」はあるでしょうか?両手の自由を奪ったまま、寝てもダメ・動いてもダメ、ただただ長時間1対1で向かい合って座っているお仕事は?それが「ネイリスト」というお仕事なのです。

ネイリストは、お客様の手を借りてお仕事をします。手が使えないということは、携帯をいじったり本を読んだりできません。髪をかき分けることも難しいですし、トイレに行くタイミングもほとんどありません(もちろん施術途中にトイレに行くことは可能ですが後処理がとっても大変でネイリスト泣かせなのです)。

施術中の時間つぶしが出来ない状況の中、施術中は常時手を触られ、そしてジェルを硬化させるためにほんのり温かいライトの中に代わる代わる手を入れなければなりません。人間は手が暖かいと安心するようで、眠気を催すんですね。

しかし寝られては困ります。手元もブレますし、何よりライトにしっかり手を入れてもらわなければ硬化しないので、施術中が進みません。施術はお客様との共同作業なのです。お客様の協力なしではネイルを施すことはできません。

眠いのになにも時間つぶしする術がないお客様をどう救済するか。それは「会話」です。

冒頭で述べた“施術だけではお客様に100%で満足してもらうことは難しい”というのは、ここにかかってきます。施術=ネイリストではありません。施術+接客=ネイリストなのです。

技術があるとなお可ですが、わたしは技術と同じくらい(もしくはそれ以上に)接客が大事だと思っています。もちろん必ずしも接客=会話ではないですし、対策としてDVDを流しているお店もあります。

ですが「施術中に見たDVD面白かったな」よりも「あのネイリストとの会話楽しかったな」の方が、お客様の記憶に深く残ると思いませんか?

これは個人的な意見ですが、ネイリストとお客様はとても程よい距離感だと思います。月に1回会う当たり障りのない友達のような感覚で、周りに相談できないようなことも意外と話せちゃう関係性なんです。実際に「そこまであけすけに話しちゃっていいの!?」というお客様も多々いらっしゃいました。

技術うんぬんよりも、ネイリストとの会話を楽しみにサロンに来てくださるお客様は案外多いものです。それだけ会話がネイリストと密接に関わっているということです。

中にはネイリストを目指しているけど会話が苦手、という方もいると思います。私も少々人見知りなので、なりたての頃はなにを話そうか迷うこともしばしばありました。でも大丈夫です。お客様と私たちには“ネイル”という共通の趣味があります。ここから話を広げていけばいいのです。

私たちが施術中、会話しかお客様の退屈しのぎになるものはないだろうと考えるように、お客様「話して施術が終わるのを待とう」と考えている方が大半です。
お客様側から話をふってくださることもあるので、考えすぎずに会話を楽しむことが大切です。まれに全然会話が弾まないお客様もいらっしゃいますが、そういう時は無理に話を膨らまそうとしなくて大丈夫です。

黙って施術して欲しいというお客様もいらっしゃいますし、それとは別になにか話したくない理由があるのかもしれません。こういった場合は努力が仇となるので、静かに施術に集中しましょう。

ネイリストとは?まとめ

ネイリストはとても大変な接客業だということが伝わりましたでしょうか。
今回は1番わかりやすい会話に絞らせていただきましたが、施術+会話がネイリストだとは限りません。

会話だけでなく、サロンでの演出も大事です。

とても可愛い小物たちに囲まれたキレイな店内で施術してもらうのも趣味が合う方からしたらわくわくするものだと思いますし、中には動物がいるネイルサロンもあるんですよ。かわいいワンちゃんがいるサロンも動物好きにはたまらない演出だと思います。

施術+αにかかる接客術は「自分の得意分野」でいいのです。接客にルールはありません。「お客様のためになにができるか」を考え行動することが大切です。思いは伝わるものです。大変な接客業ではありますが、お客様と密接に関わることのできるネイリストはとてもやりがいのあるお仕事です。

自分にできることを考え、無理なくお客様を満足させることのできるネイリストを目指してくださいね!

無料!全国約150校のネイルスクール&通信講座の中から資料請求できるサイト
http://www.nailschool-labo.com/
(ネイルスクールラボ公式HP)

ネイリストに憧れる女性は多い!?ネイリスト関連口コミ

ネイリスト関連口コミ

オシャレで素敵な憧れのネイリストになりた~い!
ネイリストってやっぱり憧れちゃいますよね~。ネイルアーティストって肩書きだけでも、その人の素敵でオシャレな人格が伝わってきます!自分のオシャレスキルを仕事にしてお金がもらえて、さらに女の子たちを綺麗して笑顔にできるなんて、本当に憧れの職業だと思います。

私が通っているネイルサロンのネイリストのお姉さんもとってもオシャレで、非常に素敵な方で、ネイリストという天職に出会えて人生を心から楽しめているんだな~と見ているだけでもわかります。そんな私もネイリストになろうと思い、近々ネイリスト検定を受けてみようと思い勉強中です!素敵なネイリストの世界に早く仲間入り出来たらな~とウキウキして日々を過ごしています!

ネイリスト関連口コミ

ネイリストって素敵な職業ですよね
昔からネイルが大好きでした。あのキラキラした空間にいるだけで癒し効果が抜群でした。会社で経理をしていたのでパソコンや加算器を打つ業務が沢山あったのですが、とにかくネイルが好きすぎて上司にそんな長い爪で打てるのかと聞かれてしまった事も在ります。自分でも家で出来たらいいなと思ってジェルネイルが出来る機材一式を購入したのですが物凄く不器用で全くうまく行きません。

だから、結局今は自宅の部屋をサロン様にして開業されている自宅サロンというネイルサロンに通っているのですがもうお部屋からして素敵すぎて出来上がった爪は数週間持つのですが、男の子ばかりの子供の私ですが爪を見ている時だけフワフワした可愛さを思い出せるのです。数週間の間料理をする時も、掃除をする時もいつも爪をみてはーとウットリため息をつくのです。もう少し不器用で無ければ私も絶対なりたい職業です。

自宅サロンの人もそうなのですが、ネイリストの方って皆さん美意識が高くてとても綺麗にされている方が多いのでいつもそれを見て気合を入れなおすのでそういう意味でもとても憧れの職業です。

ネイリスト関連口コミ

手に職をつけ自立という姿の実現
ネイリストの方は自分の技術とセンスで生計を立てているという点がとても素敵です。知人が昨年個人でサロンをオープンしました。それまで開店資金を事務の仕事で貯め、空いた時間でコツコツと技術を磨いていたようです。私も好きで施術してもらうのですが、デザインの流行り廃りのスピードが速いのは顧客の側がら見てもよくわかり驚かされます。

知人は、今でも時間があると頻繁にセミナーなどに通っているようで、会うたびに新しい技術を披露してくれます。自分の手が一番の仕事道具だから料理などをする際は特に気を付ける、正直料理はあまりしたくないと苦笑する姿は、まさに腕一本で生きている技術者の顔をしていてまぶしいくらいです。自立し輝く姿に友人でありながら憧れを抱かずにはいられません。

ネイリスト関連口コミ

素敵なネイリストさんと出会えました
私のネイルをしてくれるネイリストさんは、技術も抜群ですが、人としても素敵で憧れます。まだ若い方なのに、私のような小さい手に小さい爪でも指が長く見えるようなネイルを施してくれます。こちらとしても信頼が厚いので、毎回あれこれ注文はほとんどしません。全てネイリストさんにお任せしている状態です。

でも不思議と毎回、違った雰囲気に仕上げてくれます。おかげで友人にも私のネイルは、上々な評価を受けています。特に口数も多いわけでもないのに、抜群のセンスとその人のイメージを瞬時につかむことができるネイリストさんってそういないと思っています。だから今はネイリストさんに会うために、ネイルサロンに行くことは楽しみの一つとなっています。

ネイリスト関連口コミ

綺麗と癒しを提供できるネイリストになりたい!
もともとメイクに興味があって、その延長線上でセルフネイルをするようになりました。「プロの人にやってもらうとやっぱり違うのかな」という軽い気持ちで初めてネイルサロンに行った時に、あまりに綺麗で可愛いネイルの仕上がりに驚き、ネイリストに憧れを持つようになりました。

ネイリストというと「ただ爪を彩るだけの人」というイメージがあったのですが、実際のネイリストの人はとてもオシャレで、お客さんがリラックスしてネイルできるよう絶えず笑顔で気を配り、イキイキと仕事をしていました。私もどうせ仕事に就くなら、手に職を持って人に喜んでもらえる仕事がしたいと思っていたので、彼女を見たときに「これだ!」と思ったんです。将来は、綺麗と癒しを提供できる素敵なネイリストになれたらいいなぁと思っています。

ネイリスト関連口コミ

ネイリストの方のセンスに憧れて
いつも行くネイルサロンのネイリストさん。いつ行っても、オシャレな服装で、同じ服を着ている事がないような気がします。この前、正直にその事を伝えてみると、「毎回、組み合わせを変えているだけ!」「そんなに洋服の枚数は、持っていないのよ」と言うのです。

そう言われてみれば、何となく、見た事があるような洋服で、しかも、ほとんどがファストファッションだと言うのです。やっぱり、ネイルにセンスのあるような人は、洋服のセンスもあるのかと思い、ますます、ネイリストの素晴らしさに憧れを抱くようになってのでした。

私自身は、センスに自信がないため、いつも、ネイルは、お任せが基本、簡単な要望を伝えるだけで、いつも、私ぴったりのネイルを完成させてくれ、その上、洋服のセンスも抜群のネイリストさんは、私にとって、何もかもが憧れの存在です。

ネイリスト関連口コミ

お客様の日々を彩るネイリストになりたい!
私は一般的ないわゆるOLをしています。毎日同じことの繰り返しで疲れて帰る…そんな毎日ですが、唯一の毎月の楽しみが「ネイル」です。ネイルって指先だけなのに、すごく気分があがってパソコンをしている自分の真先きに目に入ってくるパーツなんです。いくつもサロンをはしごしてきた私ですが、今通っているところのネイリストさんは私の憧れで、OLを辞めてネイリストにチャレンジしたいと思わせてくれたキッカケの方でした。

ありきたりな会話はせず、前回の会話も覚えていてくれて、私が迷っているときアドバイスをくれるんです。接客業としてもネイルのプロとしても尊敬しているのですが、一番影響を受けた言葉が「私はただネイルをする人なのではなくて、目の前のお客様の毎日を彩ることで、しあわせを与えることなの。だから私はこの仕事を続けているんだよ」。

この言葉を聞いてから、技術を磨きながらも、何のために仕事をしているか刺激を受けたんです。だから私も同じネイルを通じて、私にしかできないことをしたいと思っています。

ネイリスト関連口コミ

指先の美を叶える仕事
ネイルに興味を持ったのは小学生の頃です。母とデパートに行ったとき、化粧品売り場の美容部員さんのネイルがとても美しかったことからです。その後、いつも利用している美容室にネイルサロンが併設されて、ネイリストという職業を知りました。

ネイリストさんたちはネイルを長く綺麗に伸ばした細い指で、とても器用にお客さんに施術していました。その指の動きがとても女性らしく、憧れて私もネイルを長く伸ばすようになりました。自分の体を客観的に見ることは難しいけれど、手は常に目に入ります。サロンに行った翌日は、ネイルが綺麗にきまっていて一日中とても気分がいいです。ネイリストさんの独特の指の動きを真似して、女子力アップを目指しています。

ネイリスト関連口コミ

すっかり心を奪われた初めてのネイル
おしゃれに興味のなかった私。ですが、成人式の前に知り合いのお姉さんが、せっかくだから爪綺麗にしない?と家に誘ってくれました。家で、甘爪のケアに始まり、素敵なネイルを施してくれました。ピンクをベースに本当に可愛く仕上げてくれました。私は爪に輝くキラキラのビジューに、すっかり心を奪われてしまい、ネイルをするだけで、こんなに気持ちが明るくなるんだとびっくりしました。

そのお姉さんは、結婚前にネイリストとして働いていて、本当に、ネイルサロンに行った気分にさせてくれました。ネイリストは、世界の女の子の気持ちをこんなに幸せにしてくれる本当に素敵な職業だと感じ、ネイリストになりたいなぁと、憧れの気持ちがむくむくと湧いてきました。

ネイリスト関連口コミ

結婚式のネイルをお願いしたネイリストさんの丁寧な仕事と目の輝き
結婚式で初めてネイルをしてもらってから、ネイリストさんへのあこがれの気持ちをおさえることができません。ひとつひとつの爪をこれ以上なく丁寧に扱ってくださって、私のリクエスト通りの可愛くてゴージャスなネイルを作り上げてもらうことができました。色々とワガママも言ってしまったのですが、私が納得いくまで付き合ってくださったその丁寧さ技術の高さには頭がさがります。

女性としてもすごく輝いてみえるんですよね。自分のセンスと仕事に誇りをもっているということが、目の輝きや仕事への取り組み方からもわかりました。自分の技術を生かした仕事をしているということが、きっと彼女を輝かせているんだと思います。物腰はやわらかで、だけど気さくで。それまでちょっとだけ怖いと思っていたネイリストさんへの印象がすごく変わったできごとでした。

まだまだあります。ネイリストになりたい方のためのお役立ちコンテンツ

  • ネイルに関係のある仕事について
    「ネイルは好きだけど、ネイリストにはなりたくない。」「ネイリスト以外にネイルに関わることのできるお仕事ってなにかないの?」ネイルに携わるお仕事はネイリストだけではありません。探せばいくらでもあるのです。この記事で詳しく解説していきます。
  • ネイルサロンにはどんなお客様が来るのか?
    どんな仕事であれ、人との関わりなくして成り立つものはありません。ネイリストは接客業です。お客様がいなくては施術できませんよね。ではネイルサロンにはどういったお客様がいらっしゃるのでしょうか。この記事で詳しく解説していきます。
  • ネイリストの身だしなみは?注意点等
    キラキラとした美容の世界。ネイリストというお仕事。やっぱりキレイな人じゃないとなれないの?服装とかも気にしなきゃいけないんじゃないの?いえ、そんなことはありません。ネイリストとしての身だしなみについて詳しく解説していきたいと思います。
  • 男性ネイリストについての現状
    「ネイリストは女性だけの仕事?」「男性はネイリストになれないの?」「ネイル業界に男の居場所はあるの?」男性美容師は聞いたことありますが、男性ネイリストってあまり馴染みがないですよね。女性の娯楽であるネイル。男性はネイリストになれるのか。この記事で詳しくかいせつしていきます。
  • 厳選!ネイリストに役立つ資格って何?
    「ネイリストに有利な資格って?」「こんな資格持ってるんだけど役立つ?」施術と会話が基本の職業ですが、もちろんプラスになる能力も数多く存在します。ネイリストに役立つ資格、転職しようと考えている方にも新しいことに挑戦しようとしている方にも分かりやすいように解説します。
  • ジェルネイル技能検定試験はどうして出来たの?
    ネイリストの資格としてジェルネイル技能検定試験というのがここ最近になって登場してきました。そこで「どうして出来たの?」「なんで前からなかったの?」という疑問をお持ちの方も多いですよね。そのなんで?を徹底解説!!
  • セルフネイルについて。自分で綺麗にネイルできる?
    今ではたくさんのネイル用品が売られるようになりました。そこで自分でネイルを出来るようになり、セルフネイルが多くされるようになりました。そのセルフネイルをする中での簡単なアート紹介に加えて、セルフネイルについてのメリット、デメリットを紹介!
  • ネイリストってデザインは自分で考えているの?
    女性の大半がネイルサロンに行った事があるという現状で、ネイリストのデザイン知識はとても豊富ですよね。デザインに悩んでいてもたくさんの提案をしてくれます。そのデザインの習得はどんなことをしているの?という疑問に徹底解説!
  • ネイリストとしての体験談・経験談(嬉しかったことから辛かったことまで)
    ネイリストしか知らない!!今からネイリストを目指している方に是非参考にしてほしい、ネイリストとして仕事をしていての嬉しかった事や楽しかった事、または辛かった、悔しかった事はあるけどこうやって乗り切った!!というのを紹介しています。
  • ネイル雑誌各紙の特徴
    今では書店にたくさんのネイル雑誌が有りますよね。一目でネイル雑誌と分かるようにたくさんの工夫がしてあるんです!!その工夫とはどういう事をしているの?というのをそのネイル雑誌の表情の特徴をここでは解説しています。
  • ネイリストの試験勉強に必要な事とは?
    ネイリストになるのにあたって必要な資格ですが「試験勉強とはどうすればいいの?」「何をみればいいの?」「どうやってするの?」という疑問点を徹底解説しています!試験勉強の参考に是非取り入れてみてくださいね。
  • ネイリストとの交流はネイリストとして生きていくのに重要?
    いろんなネイリストの方もと知り合いたい!という方にも必見です!!それに対してどこで交流できるの?というネイリストとしての疑問点をご紹介しています。ネイリストとしての交流は大事ですよね!是非ご参考にしてみてください。
  • ジェルネイルってどういうもの?
    今や認知の高いジェルネイル。そのジェルネイルってどういうものかご存知ですか??なかなか知らないジェルネイルのノウハウに加えて、ジェルネイルのジェルの種類や何のために使うかなどの詳細も合わせて解説しています。
  • 自分でネイルサロンを開きたい!独立開業するには?
    自分で開業して自分オリジナルのネイルサロンを開きたい!という方に必見です!!失敗もしたくない。やるなら成功したい。という向上心の高いネイリストさんに失敗を防ぐ対策、ネイルサロンのスタイルやらを説明しています。
  • ネイリストの就職先、働き場所を探すには?
    ネイルサロンに就職する際はどうすればいいの?どのように探せばいいの?というネイルサロンを探すネイリストの為の疑問点を徹底解説!この記事を是非参考にして頂いて自分に合うネイルサロンを見つけてくださいね。
  • ネイリストのお仕事の流れって?
    ここではネイリストのお仕事の仕方の疑問点である特にサロンワークで多く施術していて、知っている方も非常に多い〝ネイルケア〟〝ジェルネイル〟〝スカルプチュアネイル〟の3つのネイルの施術のことを説明&解説しています。
  • ネイリストで高給料になるには?
    ネイリストで高給料になるための4つの事!実体験や出会いの中で筆者が分析して感じた事を4つにまとめました!これでネイリストになって高収入を目指してみませんか?簡単な事で自分にもプラスになる事いっぱいですっ!
  • ネイルの種類あれこれ
    今ではたくさんのネイルの種類がありますが「どういうものがあるのか分からない」や「知らないものもいっぱいありそう」というネイルの種類に関しての〝ハテナ〟を項目にわけて説明、解説しています。これでネイル知識UPですね。
  • ネイリストのお仕事内容
    ネイリストのお仕事って施術だけじゃないんですっ!というネイリストしか知らない〝サロンワーク事情〟をわかりやすく解説しています。ネイリストの新たな発見とネイリストの味方が少し変わるかも??しれませんよ…。
  • 主婦がネイリストになるには?目指すには?
    ネイリストになりたいけど子供がいるし。結婚してるし。そんな理由で夢を諦めてはいけません!実はお母さんネイリスト、意外と多いんですよ?働き方によってはメリットもたくさん!主婦の方でもネイリストになる方法教えます!
  • ネイルグッズはどこで買えばいいの?~使えるネイルグッズとは?~
    多くの方が認知しているネイルアート。ネイリストになるために必要なものと言えばネイルグッズですが、「ネイルグッズはどこで買えばいいの?」「使えるネイルグッズは?」生の声にお応えし疑問点を紹介、解説しています。
  • ネイリストのお給料事情について
    ネイリストっていくらくらい貰えるの?」お給料のことはみなさん気になりますよね。好きな職業でも稼げなければ意味がない!そんな方のために、働き方と「お給料について解説していきます。実は頑張り次第で結構稼げちゃうんです。
  • ネイリスト協会について。JNAって何?INAって何?2つの違いは?
    ネイリストになるために技能検定試験を取得しますが、その上で〝JNA〟〝INA〟というのを見た事、聞いた事があると思いますが、この「JNAって何?INAって何?」「この2人の違いは?」というのをわかりやすく解説していきます。
  • ネイリストになるには?始め方あれこれ
    ネイリストになりたいけどなにから始めればいいのかわからない。ネイリストになるにはどうすればいいの?そんな方々の疑問にお答えしていきます。ネイリストを目指す方法って、実は色々と存在するんです!自分に合った方法で憧れのネイリストを目指す方法を解説していきます。
  • ネイリストとしての働き方(就職・転職・アルバイト)
    「憧れのネイリストだけど、待遇やお給料などが正直気になる…」「美容業界って厳しいんじゃないの?」働く上でとっても気になることですよね。ネイリストとしての働き方やお給料について、いくつかのパターンを例に解説していきます。
  • ネイルアーティストとネイリストの違いとネイルアートとは
    よく耳にする、ネイルアーティストとネイリストの違いって何?何をするの?という事を疑問に抱いた事はありませんか?その疑問と、どういったお仕事をするかを徹底解説しています。この記事を読んで頂いて少しスッキリしてみませんか?
  • ネイリストの資格を取得すると得する事とは…
    ネイリストを目指している方に是非知ってもらいたい!!ネイリストの資格を取得するとこんな事も!あんな事も!!得するという事を解説しています。ネイリストの資格を取得する利点、得点がたくさん紹介しています。
  • ネイルスクールはどうやって決めるか?ネイル学校選びのポイント。
    ネイルスクールに通いたいけど、どんなスクールを選べばいいの?そもそもなにが違うの?ネイリストを目指すにあたって、スクール選びは最重要項目です!費用・カリキュラムなど大事な点をわかりやすく解説していきます。
  • ジェルネイルのデザイン~簡単なものから難しいものまで解説~
    今では多くのジェルネイルのデザインがあり、アートも非常に多いです。どういうデザインがあるのか、どういうものがお客様からの人気があるのかといつのもふまえて解説し、ジェルネイルデザインを詳しく説明しています。
  • ネイルを学ぶのに、ネイル資格通信講座は使えるのか?
    ネイリストの通信講座とは。通う手間が省けるうえに自分のペースで学ぶことができるとても便利な学習方法ですが、ネイルの通信講座ってぶっちゃけどうなの?この記事では通信講座のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。
  • ネイリスト技能検定試験~直面する壁、失敗談~
    ネイリストになる上で最も必要不可欠なネイリスト技能検定試験の資格取得です。資格を取得出来るように勉強しますが、勉強している際に直面する壁、いろいろな失敗談など、直面したときにどう対処すれば良いのか体験談をもとに解説していきます。
  • ネイリスト検定とは?検定の種類から3級、2級、1級の違いまで徹底解説。
    「ネイリストになるための資格って?「検定って、聞いたのことはあるけどその試験内容ってどんな感じなのだろう…」ネイリストと最も関係の深い資格がネイリスト検定です。費用や内容など級ごとに詳しく説明していきます。
  • お客様ひとりひとりに合うネイルアートをするには?デザインのコツ
    今現在、人の個性が豊かになっていたり、自己主張が強くなっている中で「お客様ひとりひとりに合う、気に入って頂けるネイルアートをするという事はどうすればいいのか」という疑問が生まれます。その疑問点を解説していきます。

  • どうすればネイルサロンの開業、独立ができるのか
    ネイルサロンが多く出店されているこの世の中。自分のオリジナルのネイルサロンを出したい。という自立力が強い方も多いはずですが、そこで生まれる疑問点「どうすればネイルサロンを開業できるの?」というのを踏まえて解説しています。

無料!全国約150校のネイルスクール&通信講座の中から資料請求できるサイト
http://www.nailschool-labo.com/
(ネイルスクールラボ公式HP)